よくある質問

トップ >  よくある質問

お客様からお問い合わせが多いご質問を「よくある質問」としてまとめました。
「よくある質問」内の文書でお客様の疑問が解決できなかった場合、お手数ですが「お問い合わせ」ページからお問い合わせください。速やかに回答いたします。

任意売却とは何ですか?

任意売却(にんいばいきゃく)とは、住宅ローン等の滞納がある不動産を競売によらず(つまり任意で)売却することです。住宅ローンや不動産担保ローンで融資を受けている人=債務者と、融資をしている金融機関など=債権者との合意の元、不動産業者が間に入って市場価格に近い価格で売却をします。

任意売却をするとどんなメリットがありますか?

・所有者・債権者の間で交渉をし、双方が納得した状態で売却を進められます。
・市場価格に近い金額で売却できます。
・より多くの債務を返済することが可能です。
・引っ越し費用を確保できる可能性が高い。
・通常の不動産売買と同様に取引がされるため、周りの人に事情を知られることがありません。
・売却額を推定できるので、残る債務の金額(残債務)や手元に残る金額(手残金)を見越した売却後の生活設計が立てやすい。

任意売却をするのにどのくらい費用がかかりますか?

任意売却に関する費用は不動産が売却された場合に債権者から仲介手数料としていただくことになるため、お客様の費用負担はありません。(ただし、売買物件引き渡し時、登記に必要な印鑑証明や住民票取得の数百円程度のご負担が必要です。)

任意売却はどのような手順で進みますか?

基本的には当社にご相談をいただいた後、不動産の価格査定→媒介契約の締結→債権者との交渉と売出価格の通知→販売活動の開始→購入者の決定→債権者の同意→不動産売買契約締結→債権者への配分金額の確定→引っ越し→売買代金の決済(物件引き渡し)という流れになります。当社では契約後、1ヶ月半から2ヶ月後の受け渡し(引き渡し)が一般的です。詳しい流れについては任意売却の流れをご覧ください。

自宅に来てもらって相談することができますか?

はい、可能です。当社では電話・来社・訪問・メールにてお客様のご相談に応じています。お気軽にお申し込みください。
無料相談のお申し込みはこちら
お電話でのお申し込みも受け付けております。
電話:フリーダイヤル0120-281-758(愛知・岐阜・三重県内の方)
それ以外の地域の方は052-808-4060までお電話ください。
電話対応時間:9:00~21:00
※お電話は定休日(第1.3火曜日・毎週水曜日)でも対応させていただきます。

どの不動産会社でも任意売却ができますか?

任意売却を成功させるには確かな知識と経験が必要です。債権者との交渉をはじめ、適正な価格査定、積極的な販売活動などいずれをとっても専門的な知識が必要とされ、業者の経験によって結果は大きく左右されます。業者選びは慎重に行いましょう。
当社は年間200件以上のご相談を受ける任意売却に特化した不動産会社です。実績の多さから愛知県および周辺地域の金融機関の信頼も厚く、取引金額の整合性を金融機関に説明・納得させる自信とノウハウがあります。

自宅を手放さずにすむ方法はありませんか?

任意売却をせずに問題が解決するならそれに越したことはありません。当社では、銀行等との合意により住宅ローンの毎月の返済額を減額する「条件変更」や個人民事再生などにより自宅を残す方法もアドバイスいたします。詳しくはこちらのページをご覧ください。

住宅ローンの月々の支払い額を減額することはできますか?

はい、できます。金融機関と月々の支払いやボーナス払いについての条件を交渉し、金額の変更をします。ただし、債務の免除は原則できません。また、支払い期間を延長して月々の支払い額を抑えるため、支払い総額などの債務額は増えることになりますが月々のご負担は軽くなります。支払い条件を変更した後に滞納をすると、残債務の一括返済を請求される恐れがありますのでご注意ください。

任意売却後の残債務はどうなりますか?

任意売却をしても住宅の売却価格より住宅ローンの残額が多ければ債務が残ることになり、これを「オーバーローン」といいます。ゆとり返済プランを採用し、頭金0円で住宅を購入している場合一般的に残債ゼロはあり得ません。しかし、このような場合でも毎月の負担はそれまでよりも少なくなります。銀行等と交渉をし、双方が合意した無理のない額、例えば月1~3万円をずつ返済していくことが可能です。

近所の人に知られずに売却することができますか?

競売の場合は新聞・インターネットなどで情報が公開され、近隣の方にも知られてしまう可能性があります。一方、任意売却は通常の不動産売買と同様に取引がされるため、近隣の方にご家庭の事情を知られることはありません。

新築マンションを購入し、人に貸しています。
賃借人がいても任意売却は可能ですか?

可能ですが、現在の入居者に退去していただく必要があります。当社ではこのような場合でも丁寧な説明、きちんとした対応をし、数多くのケースで解決に導いていますのでご安心ください。
税金の滞納があり、現在、差し押さえがされています。近所の不動産屋さんで聞いたら差し押さえを解除しないと売買できないと言われました。
今後の返済計画を立て、当社と市役所とで分割弁済計画書を作成します。また、差し押さえ解除の申立書を提出し、解除がされた上で任意売却を進めていきますのでご安心ください。

現在、消費者金融の不動産担保ローンを借りています。
住宅ローンではないですが任意売却はできますか?

はい、できます。消費者金融での借入がある場合、その消費者金融ごとに回収の考えが違う場合がありますので、お早めにご相談ください。当社ではこのようなケースの任意売却も数多く手がけていますのでご安心ください。

任意売却無料相談 0120-281-758

  • メニュー
  • 無料相談お申込み
  • お問い合わせ