競売事件と無剰余での取り消しに関して(理解不十分な金融機関のご担当者)

トップ >  お客さまの声 > 競売事件と無剰余での取り消しに関して(理解不十分な金融機関のご担当者)

競売事件と無剰余での取り消しに関して(理解不十分な金融機関のご担当者)

最近、実際にあったお話です。
愛知県のH市にて金属加工工場を営んでいたYさん
事業が立ちいかなくなり会社は操業停止
そして、H市にご自宅をご所有されていました。
借入先はH信用金庫
任意売却を提案し信用金庫との配分案を提示し折衝をおこないました。

当社では、路線価や近傍取引事例など出来るだけの価格提示は行ってきましたが、信用金庫での物件価格での査定価格が異常に高く工場及びご自宅の売却実勢価格の提示を行いましたが信用金庫はそんなに安ければ任意売却を認めるわけにはいかない。との回答。

正直に考えると任意売却を行いたくない訳があるのかと疑念を抱きました。

当社で様々な費用関係を圧縮し再度提案しましたが任意売却は不調に終わりました。
その結果、すべて競売で処理する事になってしまいました。

ご所有者さまから相手先信用金庫の担当者は最初から任意売却を行う気は無い金融機関ですね。と言われ、ご所有者さまにも言葉の端々にそれを受け取れる言葉が・・・・。
当社から、では、当社に内容で納得しかねる場合は競売で処理する。という事ですね!!とお尋ねした所、条件が良ければ任意売却を認める。との一点張り。

条件提示を何度も行っているのですがこの様な対応。

当社としては精一杯の内容で提案させて頂いている。との話をさせて頂きました。
完全に、任意売却はしないとの信用金庫の判断がおり
結果は当社査定価格工場¥3,480万円 信用金庫配当金額 ¥3,230万円
競売での結果 落札価格2,730万円での結果

ご自宅に関しては住宅ローン会社は完済・信用金庫の配当は80万円での提示
結果は無剰余取り消し(配当はない為、競売の進行は無く)¥0円が裁判所の判断でした。
結果的には工場とご自宅で¥580万円以上の損をした信用金庫でした。
債権回収課の責任者といわれても完全に素人さんで私のお話した内容は半分とも理解していないようでした。
お話した内容の回答はその都度、判断する。との事。
判断する内容を提示してもその都度判断する。といわれてご判断頂けない金融機関さまでした。

判りません。と正直にお話頂いたほうがお互いメリットがあるのに、大変な信用金庫さんでした。

お客様が一生懸命にまじめに協力し合い任意売却を希望されても、この様な対応では、 難しい部分があります。

最初から任意売却での提示を納得いただければご所有者さんにも金融機関様にも大きなメリットがあったはずなのに・・・・。

結果はご自宅は無剰余(配当は0)工場も¥500万円も多く回収ができた筈なのに・・・・・。

協力をしていただけるご所有者さまへの引っ越し費用を出したくない。との考えが

仇となった事例でした。
担保評価・成約価格には実績多数の愛英不動産までお気軽にご相談ください
0120-281-758


任意売却無料相談 0120-281-758

  • メニュー
  • 無料相談お申込み
  • お問い合わせ