連棟式建物の問題点と売却に関して│お譲りください。連棟式建物も高価買取の愛英不動産

トップ >  お客さまの声 > 連棟式建物の問題点と売却に関して│お譲りください。連棟式建物も高価買取の愛英不動産

連棟式建物の問題点と売却に関して│お譲りください。連棟式建物も高価買取の愛英不動産

連棟式建物ってあまり聞きななれない為かお電話にてどういうものなのか良くご質問が御座います。

連棟式建物も形式が様々です。

例えば、木造で築年数も古くいわゆる昔ながらの長屋というものです。(土地・建物共に同じ所有者・身内のケース)

  問題点は、建物も古く連棟となっているために単独での取り壊しが出来ない。

  又、ご所有者さまは先代若しくは先々代よりのご所有の引継ぎでご入居者さまの内容も余り把握されていない状態。

  いわゆる、相続した不動産です。

  ご入居者さまもご高齢化されており身寄りのない方や生活保護者の方が多く退去できないケースが多い。

  この場合、ご入居されている方に退去して頂き建物を取り壊して売却をする事が一般的です。

  しかしながら、入居者の退去に関してはご所有さまや一般の不動産会社の方は簡単に退去できます。

  とお話をされるみたいですがすんなり退去して頂ける方ばかりではありません。

  又、法的に退去となれば裁判所は正当な理由が有るか?

  その正当な理由と入居者さまの状況を勘案して立ち退きが出来るか?

  立ち退きの金銭の負担は・・・・。と言った内容を裁判所は考慮し時間的にも貸主の考えているより早急には

  立ち退きが出来るとは限りません。

 

例えば、例えば昭和の時代多く販売された物件。

   当時の不動産会社が建築費用を削減する為に、2階建ての木造・鉄筋コンクリート造で

   建築された物、建物は一般的に個別の登記がなされており中には一棟の表示で区分所有

  (マンション見たいな登記がなされているケース)もあります。

   土地は単独所有が多い。

※連棟式不動産は言葉とおり連棟ですので排水なども共有も場合もございます。

なので建物の取り壊しも当然ですがその他の排水や給水・屋根・柱・壁も共同(共有)となっているので

取壊し後、柱なども越境しているケースなども良く見受けられます。

又、取壊しなどに関しても隣接者全員の同意が必要となります。

現在、住宅ローンや借入に関して(住宅ローンを含む)連棟式建物のローンが組める金融機関は少ないのが実情です。

又、建物は古く金融機関様での担保評価はいわゆるマイナス部分が多く購入者は現金若しくは借入金を極力少なくしないと

借入での購入は難しいと考えるケースが殆どだと思います。

 

ですので建物が古く現状にてご購入をされる方がお見えになればいいのですが・・・・。

中々それは難しいと考えています。

そこで当社なら現状のまま上記の様な物件を多くご購入させて頂いています。

特に名古屋市内及び近郊であれば喜んで購入させて頂きますのでお気軽にご相談ください。

本年度も連棟式建物の購入を数件させて頂きました。(平成30年3月・6月・7月)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
不動産の売却・相続不動産の売却専門不動産会社
他社とは違う販売方法で良き結果を残す・実績多数の無料コンサルティング!!
即日対応・無料訪問査定・無料相談・不動産の事なら愛英不動産にお任せください。

 

株式会社愛英不動産(連棟式建物・喜んで購入いたします。)

〒468-0007
名古屋市天白区植田本町一丁目508番地 愛英Park1-1階
フリーダイヤル0120-281-758 担当、浅井任意売却のご相談は当社まで

 


任意売却無料相談 0120-281-758

  • メニュー
  • 無料相談お申込み
  • お問い合わせ