任意売却よりも競売の方が高く売れる場合もあります。任意売却という選択肢・お客さまに合った方法で売却方法を考える愛英不動産

トップ >  お客さまの声 > 任意売却よりも競売の方が高く売れる場合もあります。任意売却という選択肢・お客さまに合った方法で売却方法を考える愛英不動産

任意売却よりも競売の方が高く売れる場合もあります。任意売却という選択肢・お客さまに合った方法で売却方法を考える愛英不動産

ご自宅が競売に!!

そうしても守りたい!!

なのでリースバックの会社へ相談!!

それで守れると思いますか!!

オーバーローンの場合、それは間違いなく100%無理な事です。

リースバック場合の買取金額に問題が有ります。

その理由は、最近フランチャイズ系の元野球選手を起用した不動産会社さんが行っていますがその場合、リースバックの場合、すべて本社での決済金額となります。

その場合、戸建住宅の場合、路線価の約70%+建物価格は殆んど考慮しません

ですので実際のリースバック価格は競売の場合、成約できません

競売の場合。不動産鑑定士さんの鑑定書の場合

土地に関しては直近の国土交通省の公示した取引事例から個別要因などの時点修正を行い小規模住宅での価格となります。

ですので基礎価格に関しては相場での評価となります。

又、建物は最近での裁判所の運用では建物が新しい場合、仕様などを考慮し上下はありますが

基本的に建物償却は通常の耐久年数での価格と仕様内容での仕様価格で成り立っています。

ですので金融機関は全てその内容に準じていますので価格差が大幅に出てしまうのは当然です。

ですのでリースバックより競売での価格の方が妥当性が高いと感じませんか?

競売ではその価格が基礎価格で名古屋地方裁判所の場合、概要的にはその60%は売却基準価格となってきます。

又、買受可能価格(入札出来る金額)を皆、注視していますが競売の場合、入札者は不動産会社が多数を占めていますので

最初に話した基礎の価格前後では名古屋地裁の場合、ほとんどが落札されます。

人気エリア・物件不足エリアではその倍の価格で落札されるケースが多くなってきています。

ですので最終的な落札価格は任意売却の価格と大差はなくなってきています。

郡部の地域は別ですが大都市圏内の住宅地・都心部は今後、任意売却の価格より競売での最終落札価格が上回る事も予想されます。

金融機関の担当者さんはリースバックでの金額では上記の内容を考えると否決!(金融期間は承諾をしません。)

しかし、担当者は一度相談してみます。

なので競売になってしまう。又は、安く売却するしか方法が無くなる。

この様な図式は任意売却を行っている会社の担当者ならわかっている筈です。

しかし、高額落札は水物です。確実に高額に落札されるわけではありません。

しかし、近年、競売事件数は以前の5分の1です。

競売業者もその部分は理解しています。

ですので任意売却時には価格は低く競売になると入札価格が上昇するといった不動産会社が殆どです。

きちんとした不動産価格を安定し提供する事が出来れば上記内容も不要となり

必ず任意売却は成功します。

 

成約価格をお約束する会社・愛英不動産で残債務を圧縮しませんか?

任意売却の場合、特殊理由を除けば競売よりも残債務を少なく出来る事が殆どです。

出来るだけ早目のご相談が解決への道しるべです。

お気軽にご相談ください。

当社にて無料査定・無料相談にて「さんたん」特製食パンプレゼント!!

9月末までの期間限定です。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
不動産の任意売却・相続不動産の売却専門不動産会社
他社とは違う販売方法で良き結果を残す・実績多数の無料コンサルティング!!
即日対応・無料訪問査定・無料相談・不動産の事なら愛英不動産にお任せください。
株式会社愛英不動産
〒468-0007
名古屋市天白区植田本町一丁目508番地 愛英Park1-1階
フリーダイヤル0120-281-758 担当、浅井


任意売却無料相談 0120-281-758

  • メニュー
  • 無料相談お申込み
  • お問い合わせ