金融円滑化法(返済猶予法・モラトリアル法)の最終延長の終了をご存知ですか?

トップ >  任意売却ブログ > 金融円滑化法(返済猶予法・モラトリアル法)の最終延長の終了をご存知ですか?

金融円滑化法(返済猶予法・モラトリアル法)の最終延長の終了をご存知ですか?

金融円滑化法とは・・・中小企業者等に対する金融円滑化を図るための臨時措置に関する法律

中小企業や住宅ローンの借り手が金融機関に返済の負担の軽減を申し入れた際に、出来る限り貸付条件の変更等を行うよう努めることなどを内容とする法律

又、借り手が借金返済の負担軽減を申し込んだ場合、金融機関は出来る限り返済期限の延長や金利の減免といった「条件変更」(返済猶予)の措置をとるようつとめる、と規定する。

金融機関は定期的に実施状況の報告を義務づけた。

平成20年秋以降の金融危機・景気低迷による中小企業の資金繰り悪化等への対応策として平成21年12月に2年間の時限立法として施行。

期限を迎えても中小企業の業況・資金繰りは依然として厳しいことから平成25年3月末まで延長された。

そのため、期限切れに伴い各金融機関においては平成25年4月1日以降は新規での借り手の条件変更や現在、条件変更をなされている方への条件更新の再延長もきわめて厳しくなる。と考えられます。
そのため、早めのご相談をされるお客様が現在、多くなってきております。

会社経営者の方、住宅ローンの支払いができない方、
相談は、無料ですのでお気軽にご相談ください。
フリーダイヤル0120-281-758
有限会社愛英ホーム
担当、浅井まで!!


任意売却無料相談 0120-281-758

  • メニュー
  • 無料相談お申込み
  • お問い合わせ