金融円滑化法終了後の現在について №2

トップ >  任意売却ブログ > 金融円滑化法終了後の現在について №2

金融円滑化法終了後の現在について №2

金融円滑化法終了後の現在について №2

金融円滑化法終了後、2年が経とうとしています。
世間ではアベノミクスの成果として景気は上昇気流??と言った紙面を良く見受けられます。
やはり、金融円滑化法のお蔭でご自宅を手放さなくて済む。方も多く見受けられます。
し、その後も金融機関は継続して協調すべきという形を行っています。

金融円滑化法終了時と現在を比較しますと、件数は終了時と比べ微増しております。
微増の原因は、①リスケジュール(条件変更)ができない。方の増加。
       ②任意売却の認知度が上がっているため?と思われます。

できるだけ高価に早期売却を実現するには任意売却を行う場合、3社以上の会社とお話をし
ご自身が一番納得できる会社へ依頼すること。が必要と感じられます。

任意売却の実績で選ぶなら「愛英ホーム」
通話料無料のフリーダイヤルをご利用ください。
0120-281-758  担当、浅井 


任意売却無料相談 0120-281-758

  • メニュー
  • 無料相談お申込み
  • お問い合わせ