住宅金融支援機構(旧、住宅金融公庫)でお借入されている方へ

トップ >  任意売却ブログ > 住宅金融支援機構(旧、住宅金融公庫)でお借入されている方へ

住宅金融支援機構(旧、住宅金融公庫)でお借入されている方へ

住宅金融支援機構(旧、住宅金融公庫)さまでは、さまざまな理由で生活状況の変化などに柔軟に対応するため、タイプ別の返済方法変更メニューを揃え、ご返済の終了時まできめ細やかにお客様をサポートしています。

条件変更(リスケ)で対応出来ない場合、融資住宅等の任意売却に関しても柔軟に対応しておられます。又、任意売却後の残債務が発生する場合、お客様のご収入・生活状況を十分勘案の上、返済計画等もご検討いただけます。

お客様の中には、住宅ローン滞納で金融機関さまとお話合いを持つ事を極端に嫌われる方がお見えになりますが、それは住宅ローンの支払いが出来ない事をねほりはほり聞かれるなどのご心配をされています。直接、当事者間でお話することはなく、原則、私共(愛英ホーム)と金融機関とお話をし、任意売却に関することや本人確認、個人情報のお兼ね合いでお客様には同席をお願いする位ですので支払いができないことを責められたりすることはないですのでご安心ください。
私共は依頼者(お客様)の代理人として出来るだけのことを最大限行っていきますのでご安心ください。


任意売却無料相談 0120-281-758

  • メニュー
  • 無料相談お申込み
  • お問い合わせ