任意売却実績23年 任意売却への不安解決いたします。⑤競売と任意売却ではどちらが得か?

トップ >  お客さまの声 > 任意売却実績23年 任意売却への不安解決いたします。⑤競売と任意売却ではどちらが得か?

任意売却実績23年 任意売却への不安解決いたします。⑤競売と任意売却ではどちらが得か?

五回目は、競売と任意売却ではどちらが得か?をわかりやすく、ご説明いたします。

当社の任意売却ブログにもお話をさせて頂いたように現在は任意売却物件も減り競売物件も必然的に減少傾向にあります。なので、競売物件の購入を行い転売を商いとされている不動産会社も任意売却事業に参入していたり

任意売却実績多数あり。と掲載されている会社は本当は競売会社だったり。

売れないので当社で買取ます。という結果になったりします。

競売落札価格も事件数減少に伴い、落札価格も上昇しております。

ですので、一概に任意売却が断然競売より有利です。とは言えない時代に突入してきております。

特に名古屋市内や東部地区の築年数の新しい物件はもしかしたら、任意売却より競売の方が断然結果的に

高くなる。というケースも沢山見てきています。

任意売却業者の多くは絶対、任意売却の方がメリットがあります。と営業を行っていますが

それは素人の考えです。きちんと競売落札結果など好評されている内容を把握されれば内容は一目瞭然です。

 

貴方の借入金融機関も任意売却業を長年行っている会社は、その内容を十分に理解しておりますので、任意売却業者と金融機関の不調の原因は売却価格が安すぎる。としか考えられません。

競売より安い条件を提示すれば必ず断りが入る。というのも当然な事です。

特に名古屋市内・及び近郊ではこの様な状態が約10年前より続いています。

ですので任意売却より競売の方が得と言った内容も多く見受けられます。

その内容とは

①マンションの場合、管理費等の滞納が膨大な場合

②市役所などの差押え・参加差押えが入っている場合

③室内がゴミ屋敷の場合。

④引越し費用の捻出が出来ない場合

⑤所有者の協力が得れない場合

 

①②③④⑤の場合は競売の落札価格の方が任意売却より得の場合もあります。

色々なケースがありますので不安になったら当社までお気軽にご相談ください。

他社依頼中でも可です。ご相談は無料です。

毎月と言って良いほど他社にご依頼中の方からのご相談を頂いております。ので

匿名でも可能です。

 

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□

任意売却のご相談は当社まで

株式会社愛英不動産

〒468-0007

名古屋市天白区植田本町一丁目508番地 愛英Park1-2階

フリーダイヤル0120-281-758 担当、浅井


任意売却無料相談 0120-281-758

  • メニュー
  • 無料相談お申込み
  • お問い合わせ